鑑定書(ダイヤモンド)について|東京指輪工房コーダルハーモニー

 鑑定書(ダイヤモンド)について

ダイヤモンドの鑑定書
ダイヤモンドの品質を保証する鑑定書

Grading Report


鑑定書

 
鑑定書はダイヤモンドの重さや品質を、根拠となる検査結果とともに記載してある書類です。
 
鑑定書と似たものに鑑別書というものがありますが、この鑑別書には「これはダイヤモンドです」「この石は○○です」ということが書かれており、”ダイヤモンドを含む全ての宝石”に対して発行されています。
 
これに対し、鑑定書は”ダイヤモンドのみにしか”発行されず、「ダイヤモンドの品質(グレード)」について記載されています。
 
ダイヤモンドをルース(裸石=リングなどのジュエリーに着いていない状態)で検査し、色味や不純物の有無、形の良し悪し、紫外線を照射したときの蛍光性の強さなど、細かな検査結果が表記されているとともに、証明のための写真も載っており、ダイヤモンド(ダイヤモンド付きのジュエリー)を購入する際に品質を知ることができるようになっています。
 
特に婚約指輪には比較的大きなダイヤモンドが使用されることが多いため、「鑑定書」がついているダイヤモンドを選ぶ方が安心です。

4C


ダイヤモンドの価値基準 4C

 
鑑定書に記載されているダイヤモンドの価値は「4C」と呼ばれる基準で決まってきます。
Calat(カラット)=大きさ(重さ)・Color(カラー)=色・Clarity(クラリティ)=透明度・Cut(カット)=形・の4つの頭文字をとって4Cです。
 
ダイヤモンドの鑑定書にはこの4Cそれぞれのグレード(ランク)が記載されています。
 
すべてのグレードが高いほうがいいのは当然ですが、その分希少性も上がるので手に入れにくく、また価格も高くなっていきます。
予算と相談しながら何にこだわるか、何に重きを置くかを考えていくといいでしょう。
 
ここでは参考に、4Cの各項目についてご説明します。
 

ダイヤモンドのカラット(大きさ)
Carat

カラット(大きさ)

 
よくダイヤモンドの大きさを○○カラットと呼びますが、カラットとは正確には重さのことです。「ct」で表され、1ctはおおよそ0.2gです。
大きくなればなるほど(重くなればなるほど)希少性も価格も上がりますが、同じ大きさのダイヤモンドであっても他のの3つの要素、カラー・クラリティ・カットによって価値は大きく変わってきます。
 

Color

カラー(色)

 
ダイヤモンドには完全な無色から薄い黄色まで自然の色がついていて、無色(カラーレス)に近づくほど希少価値が高まります。
 
Dカラーはカラーグレードの中では最高の位置づけになり、希少性が高いダイヤモンドです。
 

ダイヤモンドのカラー(色)

ダイヤモンドのクラリティ(透明性)
Clarity

クラリティ(透明性)

 
ダイヤモンドも自然の石である以上、その石の中に不純物や傷が入り込んでいます。
鑑定士が10倍ルーペを使用して判定し、不純物や傷の数、大きさ、色、場所などによってグレードが決められます。
少ないほど、また中心から遠く見えにくいものほど希少価値が高くなっていきます。
 

Cut

カット(形や研磨の状態)

 
カットは4Cの中で唯一自然ではなく職人の技を必要とします。
グレードは5段階で評価され、最上級はEXCELLENTです。
また、ダイヤモンドを特殊なスコープで見ると、「H&C(ハート&キューピッド)」と呼ばれる特別な模様が出ていることがあります。この模様は、ダイヤモンドのカットとして理想的なプロポーションをしているため出てくる模様です。
 

ダイヤモンドのカット(形や研磨の状態)